車で一日寝まくる営業マンブログ

三崎の辻井

クルマを売りたいと考えている社長さんにとって、ジャッジメントというのがひとつの重大なフェイズということになるわけですが、最もジャッジメントで多少なりとも良い結果を得るために、普段から注意しておかなければならないな・・・というような実話は各種ところから決める。今回のお喋りは、普段の注意が非常に重要であるということについてのお喋りだ。

その車の社長さんが、愛煙家であったという場合には、タバコ車と禁煙車のジャッジメントの隔たりに愕然とするケースも多いそうです。つまり、タバコ車と禁煙車では、禁煙車にくらべて、タバコ車の見積もりがすごく下がってしまうことも珍しくない、ということです。タバコ車と禁煙車のジャッジメントの差はどこであるのかというと、実は禁煙車かタバコ車かというファクトだけではなく、愛煙家族には気づかない各種核心が知らぬ間に生じ、すでに抜き差しならない状況に陥っているというケースも多いのです。

やはり禁煙車であれば、社長さんがタバコ車だろうとなかろうと、基本的には関係ないことになります。ただし、社長さん自身にタバコのニオイが染みついていて、その移り香が車に残ってしまう結果、ジャッジメントの際にマイナスされて仕舞うというケースも実に生じることです。つまり、「タバコのニオイ」については、愛煙マイホームの社長さんにとっては非常に困難現実として存在するということを覚えておいたほうがよいでしょう。

殊更タバコ車のシーン、タバコのニオイが最大の理由で、ジャッジメントが破格落ち込み反応になってしまうことが多いです。タバコ以外にも、たとえばペットのニオイであるとか、その他その車のお客様特有のニオイが車に残ってしまう結果、数々の落ち込みがジャッジメントの際に露見することが多いのです。ですから、その事実を知る車の社長さんは、ニオイは非常に神経をつかうのです。

無論ニオイ以外にも、タバコ車の場合には禁煙車には絶対にありえないような手落ちが生じてしまうことが多いです。たとえば、タバコの火種を資料に落として穴を開けてしまったなどという経験を持つ社長さんは多いと思いますが、そういったケースでも、当然破格落ち込み反応になることを覚悟しておかなければなりません。

もちろん資料だけではなく、真下のマットなどが焦げてしまったというケースも落ち込みのジャッジメントになります。マットならまだまだ受け渡しすれば問題ありませんが、フロアーに火種を落として最悪な穴を開けて仕舞うケースもありますので、タバコ車と禁煙車のジャッジメントの差は非常に生じやすいのです。

 

未分類