車で一日寝まくる営業マンブログ

亮(りょう)でまりりん

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと見られています。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどのくらいだと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は90%前後となっています。試験内容自体が、専門学校や大学の講義を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、そこまで看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤を避けられない職業の一つです。夜勤の時間帯については、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。3交代勤務の夜勤は時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。求人に応募しようとする病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか理解しておいてください。一般的に、看護師として勤務する人は多くが女性ですので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それにプラスして、勤務時間がばらばらであることや、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家の都合によって会社勤めをしていました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも出来たのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。でも、今ではどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師に求められる要素だといえるでしょう。看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。しかし、昨今では、少しずつ看護師の制服も変化してきており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。様々な病気を患い心細い患者にとっては看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも意外と多いのです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人看護師候補生という方々を受け入れています。けれども、日本語を使った看護師国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。一口に看護師と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、やる気も上がります。病院で看護師として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、過酷な労働環境だということも相まって、違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、看護師の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないとちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇用する側が、考慮することが大事なことだと思います。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も行い、看護師の大半はかなりの重労働をこなしているといわれています。徐々に男性看護師も増加していますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは頷けます。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、看護学校が行っている通信教育課程があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、看護師も同様です。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では貰える給与に違いがあるのです。こういった事を考えても、看護師だからといって平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。職業上、看護師という立場では愛煙家が減っているように思います。実際のところ、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、意識している看護師が増えていることが理解できます。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、経験が浅いとほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻が看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。看護師は高収入だというイメージが強いです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど厳しい仕事も多いですが、給料で見れば平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。高給が約束された安定した業種としては看護師を選ばない理由はないでしょう。たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。けれども、たとえカップルが成立しても休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、看護師によって上手い下手があるのは当然で、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、対人関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。やはり、女性が多い職場ともなると、複雑な人間関係がつくられているところも少なくありません。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。ですが、身体の調子が治ったら、復職して今も看護師の職についています。多少のブランクでも、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、病院に適したナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象もまた違ったものになるでしょう。外科勤務の看護師の、長所と短所を説明しましょう。まず、手術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師の成長に役立ちます。考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、時間をかけて確実に患者との関係を構築していくということが難しい点があります。数年前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは国公立の医療機関で働くことです。そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける職種の一つであるとして希望者が多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来れば安定性は確実です。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。みなさんご存知のように、看護師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によって異なっていますから、一概には言えません。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。看護師資格の最大の利点は、なんといっても看護師として勤務していない時間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と看護の現場の慢性的な人手不足の問題が深く関与しています。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。看護師は、患者と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておいた方が良いと思います。

 

未分類