車で一日寝まくる営業マンブログ

ひがしのりで地縛霊

専門学校の寮にいた頃、ド貧乏を経験しました。1ヶ月分の学食チケット(3食?90日分)を失くしたんです。転売する奴がいるので紛失しても再発行は効きません。親に言えばいいと思うかもしれませんが、ただでさえ自分にお金かかってるのにと思うと言えなくて、当時もう一般的になっていた貸金業者でキャッシングしようとしたのですが、社会人でもないのにどこで借りられるかわからず、断られたら恥ずかしいというのもあって、社会人になるまではカードとは無縁で過ごしました。たとえ借りれるとしても、返すアテがなかったり無理になるような借金はしちゃダメです。いまさらですが、若さゆえの無知や慎重さが役に立ったのでしょう。自立するまでは、お金のことは誰かに相談するようにしたほうが良いですよ。日常的な出費ややりくりが上手な人でも、必要に迫られてタイミング的にお金を借りる必要が生じることはあるものです。しかし、よく考えもせず、自称金融業の個人(高い確率で闇金)とか、全然聞いたこともないような会社からお金を借りると、とんでもない苦労を背負ってしまう危険もあることを理解してください。お金を借りるときは個人情報を相手に渡すわけですから、しっかり判断して、世間的にも名前が知れた大手業者や銀行で借りると、おかしなトラブルに巻き込まれる心配もありません。カードローンやキャッシングを申し込むと、職場に電話がかかってくることがあります(在籍確認)。いきなりローン会社の社名は出してきませんが、電話番号でバレたりするのではないかと思うとあまり気持ちが良いものではないですよね。そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないで貸付けを行う業者も増えました。業界でも老舗の部類に入る大手業者や銀行系も対応を始めており、在籍確認が心配である(不安である)と伝えるとそれに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで済ませてもらえます。書類提出のためのスキャナがない人は、携帯のカメラ機能があれば大丈夫です。毎度のことですが、キャッシングの審査を受けるとその度に勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのですが、あれって面倒くさいと思う方が多いと思います。とはいえ、顔も見た事無い他人のために、快く融資に応じてくれるなんて、常識的に考えれば、まずありえないことが分かると思います。そうでなければ、それは「普通」じゃないですよね。ですので、カードローンの場合も同じで審査が大切なことが、分かっていただけると思います。実際のところ、カードローンはアルバイトでも借りられるのかと疑問を持つ方もいると思いますが、問題ありません。もちろん返済能力を見るために、審査においては一定の収入が必須条件になりますが、それは必ずしも正規雇用者である必要はないのです。そのため、アルバイトとかパートの人の場合も毎月一定の給料を貰っているのなら、無事に審査を通る可能性が充分にあるのです。新たに借り入れを申し込もうと思ったら、もしあなたが過去に他社で借りたことがある場合、慎重になったほうが良いでしょう。軽微な延滞でも繰り返していたり、現在の債務残高次第では審査に支障が出てくると思います。延滞履歴が残っている間でも借りることができないわけではありませんが、どこなら確実に通るということは言えません。とくに長期の延滞は敬遠されるので、90日以上だと新しく借り入れを行うことは不可能と思ったほうが良いでしょう。これまで堅実に暮らしてきて、何の心配もしていませんでしたが、いつなんどき「すぐにお金を、それもそこそこの金額揃えなければならない」思い出したくないかもしれませんが、年を重ねれば重ねるほど、そんな経験の1つや2つありますね。こんな急な資金調達に応じてくれるところ。そんな都合のいいところで、誰でも1枚は持っているクレジット会社のカードだとか、ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。怖い顔の人がいるわけではないし、所要時間も人によってはたった5分で、手続きが完了するところもあるようです。もしもの場合を考えて、あらかじめ会社の情報を集めておきましょう。それが無駄になったとしても、使わずに済めばそれに越したことはありませんからね。いまどきの借金は迅速性が売りです。スマホやPCで申し込めば全国の銀行ATM(コンビニもOK)で、手軽にお金が借りられるようになりました。けれども、このイージーさがすべての人の「ためになるか」というと、結局は借りる人の時間や金銭のスケールがズレていると、知らない間に返済が膨らみ、苦しくなってしまうでしょう。銀行の融資窓口や消費者金融の店舗では会話をしていくうちに冷静になって、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、同様のことが機械と向き合うだけでできるかどうか疑問に思います。対面窓口がいまでもある理由も、わかる気がします。世の中からは忘れ去られた存在であるニートが、お金を借りようとした場合、周りから見れば首を傾げざるを得ません。誰を頼りにしようと思っているかわかりませんが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、貸してくれるどころか、ニートに貸すお金などないと追い払われるのがおちです。そんな苦境の中でも、身近な人のうちの誰か一人ぐらいは奇特な人がいて、その人からお金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。それはあくまでも、血縁があるからだけの理由であっても身内の中での問題であり、何も口出しすることはありはしません。商売でないなら損得だけを考えなくてもいいのですから。今、カードローンを二つの消費者金融で組んでいます。それぞれ十万と二十万の、計三十万円です。今は合わせて二万円を返済費用としています。ですが、両社とも最大利子での貸付のため、いくら返済を進めても、全く返済額が減りません。計画を見直し、別の消費者金融で借り換えようと思ったのですが、審査を通ることが出来ずに、諦めています。金額的にはそこまで大きな額ではありません。ですが、カードローンを初めて利用したところ、大きな悩みが出来てしまいました。職場への電話連絡(在籍確認)なしに借りられるカードローンはないのかとよく聞かれますが、在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。ただ、例外的に条件を設けて、勤務先への電話連絡をしないでくれる会社も何社かあります。名前の通ったところではモビットとかプロミスなどがあります。どちらも銀行系ですが、指定された銀行と取引がある(口座がある)人や、勤務先名のある保険証、給料明細書などを提出すると、電話による確認を省略できます。条件は会社によって違うため、先に確認しておいたほうがいいと思います。キャッシングやカードローンを使うと明細書が自宅に送付されます。誰にも知られないはずが、『家族には知られてしまう』のが最大の欠点だと思っていました。送付先を変えるとか、何か方法がないかと検索してみると、けっこうフツウにそういう会社が存在することに気づきました。それも、大手銀行系や老舗金融などで。知名度が高いところが多かったですが、特にレイクの「180日間無利息」が群を抜いていました。181日以降は利息がつくので、それまでに返済してしまえば実質0円です。申し込みには駅近の自動契約機を使いましたが、ネットでも申し込みできるようです。心配だった明細書ですが、ウェブでチェックできるので郵送なしです。もし何か郵送することがあるとしても、「レイクだと分からないように配慮された封筒」だそうです。嬉しい配慮ですね。一般的に、カードローンの審査基準については、借り入れ出来るかどうかの目安ということで、大まかには情報が開示されています。審査基準についてですが、非常にシビアなものになっているのですが、その一方で、担当者の意志によって判断が左右するという事も、珍しくはありません。それぞれが持つ事情を、一律の判断基準によってはっきりと分けて考える事は簡単ではないんでしょうね。カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは意外と少ないので、驚く人も多いようです。融資元により諸条件が設定されていますが、運転免許証、健康保険証などがあると充分でしょう。それらの書類がない場合にも、保険証や給料明細などで柔軟に対応してもらえるようです。このように手軽にできる借金ですが、それが有意義につかえるか、無意味に終わるかは、本人次第と言えるでしょう。返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。借入額を決める前に、完済までの確実な道筋をイメージすることが重要になります。カードローンの審査が甘いところはどこでしょうか。調べてみると楽天スーパーローンは他のカードローン会社よりも、多くの人が審査をパスしているようです。メリットとしては、楽天銀行に口座を開設することで、他社より高い貸付金から始めることができます。ですから、低収入の方や主婦の方も楽天カードローンを考えた時には、口座を開設する方が絶対良いです。金利についても他社と同じだそうですし、貸付金が30万円を超えなければ、リボ払いで月額5000円からの返済も可能ですから、あまり苦ではないと思います。与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。寝耳に水の話ですぐには信じられなかったほどです。調子の良い言葉を連ねたメールを鵜呑みにして高額の借金をクレジット会社に返済しなければならなくなったのです。もうひとつ問題なのは、姉が精神を病んでいることです。落ち着いている時には何の問題もありませんが、人が変わったようになることもあります。まさか騙されているとは思いもしなかったため、それなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。いつ自分が被害者になるか分からない、油断もすきもない昨今ですね。キャッシング(カードローン)はあとから一括返済できるのだから、余裕は「作ってでも」早く返すべき。そんなふうに会社の飲み会で言われたのは、僕が社会人一年目のことでした。同僚の奥さん(奥さんも同じ会社)が複数のカードローンの返済を抱えてどうしようもなくなってしまったことを知っているからだとか。ひょっとして多少は巻き添えをくったのかもしれません。CMや電車の車内広告を見て、僕も便利だなとは思いますが、あとで返さなければいけないお金だという感覚が鈍ってしまうのかもしれません。利用者によってはカードローンは怖いものなのだと感じました。ちなみに僕はボーナスがないので、余分を貯めておいて繰上返済するタイプです。即日融資はカードローンでも当たり前のようにできます。実際に、ネットで申込みをした場合は、もう数時間後にはもう振り込まれているんです。お金を先に振り込んでおいて、カード発行を後に行うわけですが、現物のカードを手にした後でもネットに限って利用するという使い方も出来ますから、実際のところはカードレスローンとほぼ同義だと言えますね。お金が無く、誰か、もしくはどこかの会社から借りようと思い立った時、収入に関する制約が無いなんて事は、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、聞いたところによると、ほとんどの金融会社において一定の金額未満の借り入れに関して、必須と思われていた収入証明書が要らなくなっていることは、割と普通になってきたようで、そのことが金融会社の敷居をまたぎやすくしています。数百万円と言うのが、実際の小額の相場らしく、誰が判断すればそんな呼称になるのか、調べてみたいほどです。高額に決まっています。結局のところ家を買うような大金でない限り、収入証明書なしの実質フリーパス状態で認められるという、信じられない状況が出来上がっているのです。お金を借りる苦労は並大抵ではないので、このようなシステムは大歓迎です。キャッシングやカードローンというのは近頃では、ものすごく利便性が向上しています。審査時間の短縮とあわせて最強と言われているのは、ウェブだけですべての手続きを済ませられるサービスの登場です。会社によって若干の違いはありますが、上限30万円くらいまでなら運転免許証があれば写メやデジタルファイル化して送信するだけで契約できるようです。契約完了後はカードを郵送しない(カードレス利用)なら銀行口座への振込となり、普段利用しているATMでお金を引き出す(借りる)ことができます。カードローンだけの話ではないのですが、お金を借りようと思ったときに、お金を貸す側が最も重視するのが、借りる側が返済出来るかどうかです。ですから、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローンを組んでいる状態ですと、実際に住宅ローンを返していけるのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、不利になると言わざるを得ません。過払い金請求のコマーシャルって、ゴールデンタイムにも流れていますね。CMや広告自体も以前より多くなったように思います。私だって以前はキャッシングをしていたことがありますが、完済して何年か経っていますから、法律事務所に依頼してまで請求するほどのものではないと思います。ただ、確定申告で税金が戻ってくるみたいに、戻ってくる金額があるのならいくら位になるのか興味はあります。無料相談もあるようなので、気になる人は利用してみると良いでしょう。カードローンの審査には正直に記入しなければいけません。ウソを書くと私文書偽造として刑事罰を受けるおそれがあります。もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、かならずしも通報されないとは限りませんし、プロ相手に虚偽が通ることは無謀というものです。信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうというデメリットがあるのです。トクか損か考えるまでもないですね。ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、「借金」=「だらしがない」という固定概念は、ちょっとおかしいように感じます。滞納と借金のイメージを完全に同一視しているのではないでしょうか。若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で向上心や目標を持ってお金を借りるのでしたら、陰口を言われたり、本人が後ろ暗く思う必要はまったくないと思います。借金を奨励はしませんし収支バランスを考慮すべきです。金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が大事だと思います。それは、今後はこのような人たちが社会のボリュームゾーンになると思うからです。借金って、断られたらどうしようと思いますよね。時間もないので絶対借りられる会社を探していたら、一括審査というのを知りました。保険の一括見積もりと同様の仕組みです。そういう便利なものがあるのを知らなかったので、ローン会社の審査に通らなかったら、急いでほかの会社を探して申し込んでといった手間を重ねるのだと思って、それだけでストレスを感じていました。一括なら、審査で通った会社の中から有利なところを選ぶこともできるでしょう。金融業者の側にすれば、同業他社と比較されるので、審査に通りやすかったり、キャンペーンがあったりと差別化を図っているはずです。お金を借りる「カード」というと、カードローンのカードと、クレジットカードのカードが区別できていないことって結構多いです。間違いやすいとは思いますが、実は両者の受けられる融資の額にすごい差があるのです。いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の限度額が低く設定されており、カードローンはローン機能のみなので最初から100万円を超える高い限度額があることは、もはや常識です。こう説明すると、みなさん違いに納得されます。お金を借りるのは面倒なものと思いがちですが、最近のカードローンはよくある銀行のATMはもちろん、コンビニATMなら24時間お金を出し入れできるとか。本当に便利になったと思います。あくまでも銀行ATMで、よく見ると使える会社一覧表にカード会社の名前も載っているくらいですから、友達や会社の人と一緒でも「ちょっと待ってて」の一言でお金が下ろせるなんて利用者にとっては嬉しいところです。カードローンが悪いみたいな話も聞きます。たしかに便利さのあまりウッカリすると借入額が増えてしまうのが困りものです。でも、それは自分が使ったお金に間違いないし、しっかり返していかなければなりません。借金をするときは手間も時間もかかりましたが、最近は「当日」というスピード融資が増えてきて、大手各社や銀行のカードローンでもよほどの大金でない限り、当日融資OKというのが普通です。数年前まではもう少し遅かったのですが、まさかこんなに早くなるとは予想しませんでした。こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。以前より小額の申込が増えて審査が緩くなっているとか、スピード審査&スピード融資が実現したのには理由があり、中でもオンライン化は無視できないでしょう。どのような理由にしろ、利用者にとってはメリットのあることだと思います。比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、厄介なのは限度額という決まりがあることで、収入が多かろうと少なかろうと、年収の3分の1の時点でそれを超えたお金を貸すことが出来ない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。見落としがちなのは、それが持っているカードの総合計金額になることで、ローンカードやクレジットカードの全てを合わせた合計利用可能額がということで、使える金額に影響が出ています。知っていても知らなくても、総額に影響はありませんが、把握しておくことが必要です。考え方としては、カードローンを組もうとした時に、別のカードで既に50万円のローン返済が進行中だったら、年収といっても会社員のように一目瞭然の人ばかりとは限らないので、判る範囲で考えることになりますが、その3分の1引く借入額の公式さえ頭に入っていれば、すぐにわかります。年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。本当に支払いに窮してくると、金利が高めの借換やおまとめローンなどに頼ってしまいがちです。しかし、使途は「生活資金」に限られますが、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。1.5?3.0%という低い金利で借り入れ可能です。また、この生活福祉資金貸付では、原則保証人不要ですが、もし連帯保証人を付けられるようなら無利子で融資してくれます。宣伝はしていませんから、利用するには窓口へ問合せしなければなりませんが、よく知った上で誤った判断をしないように気をつけましょう。

 

未分類